美肌には良い眠りが大切だと言われていますが、睡眠中に分泌が増えるメラトニンと成長ホルモンには、肌をキレイにしてくれる効果があります。メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、入眠作用と睡眠を持続させる作用があります。また抗酸化作用があり老化を防止するため、アンチエイジングには最適です。成長ホルモンも新陳代謝を高めてくれるため肌の再生能力が上がり、昼間紫外線などでダメージを受けた肌機能が回復し、コラーゲンなどの美肌成分が正常に分泌される手助けをします。また成長ホルモンは筋肉も成長させるため、筋肉量の増加で新陳代謝が上がり太りにくい身体を作ってくれます。メラトニンの分泌はいつもの就寝時間の1~2時間前から分泌が始まり寝ている間分泌され、光を浴びると止まります。成長ホルモンも就寝後1時間程が分泌量が最大になります。そのため睡眠をしっかり取り、ホルモンを分泌させる事がキレイの近道になります。どちらも加齢と共に減少してしまい、分泌を促進する豆類や肉、魚などの食べ物をとる事がお勧めです。また女性ホルモンのエストロゲンも美肌効果が高く、睡眠不足はホルモンバランスが崩れる原因になりますので、しっかり眠る事はキレイには欠かせないポイントになります。