睡眠と美肌には密接な関係があります。美肌を作るために必要な成長ホルモンが活発に分泌されるのは、深い睡眠に入ってから約3時間とされています。この時間帯に美肌になるのに重要なケラチンやコラーゲンが作られ、日中に傷ついた肌を回復させてくれます。
この成長ホルモンが分泌される時間帯は夜の10時から午前2時とされていますが、現代社会においてこの時間帯に毎日規則正しく眠ることは難しいです。そもそもこの時間帯は昔の人の生活習慣に照らし合わせたものなので、大切なのは睡眠に入って熟睡しているかどうかということになります。
熟睡するために大切なホルモンがメラトニンです。メラトニンは朝日を浴びると一旦分泌が止まり、14時間から16時間後に再び分泌が始まります。分泌のピークはさらにその2時間から4時間後で、メラトニンの分泌量が増えると自然と眠くなるようになっています。ですので分泌のピークに合わせて睡眠に入ると良いとされています。
メラトニンを正常に分泌させるためには寝る数時間前からテレビの視聴やパソコンおよび携帯電話の使用を控えましょう。部屋を少し暗くして寝る準備を整えてください。またメラトニンはトリプトファンから作られるので、赤身魚、赤身肉、大豆や乳製品、ゴマなどを食事に取り入れると良いでしょう。
生活習慣を改善して、質の良い睡眠で熟睡して美肌を手に入れましょう。