ストレス社会である今の社会では、不眠症などの睡眠障害が問題となってきています。上質な睡眠をとることは生きる上でも非常に重要なことの一つです。一般的に睡眠は、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠というように大きく二つに分けることが出来ます。レム睡眠とは、筋肉の疲労回復などで体が休んでいる状態のことですが、この時には脳は活発に動いているので夢を見ている時や、脳は起きているのに体が動かないという金縛りのような現象の多くはこの状態だと言われています。ノンレム睡眠は逆に脳が休んでいる状態を指します。この状態ですと脳と体は休んでいます。体を支える筋肉は動いているので居眠りなどは多くはこちらの状態だといえます。レム睡眠とノンレム睡眠は一定のリズムで交互に入れ替わります。レム睡眠の時に朝を迎えると、気持ちよく飽きることが出来るようになります。この二つは90分で入れ替わるのが一番良いとされていますが、このリズムが狂ってしまうと睡眠障害を引き起こしてしまう要因となってしまいます。上質な睡眠を得るためにはいくつかのポイントがありますが、寝る前は脳に刺激を与えてしまうテレビやパソコンの画面を見ないようにし、体をリラックスさせて体に合う寝具で寝ることが重要です。